手形割引と手形貸付


手形の割引とそのしくみ

 受け取った手形は、支払期日がこなければ現金を手にできません。しかし、支払期日の前に現金が必要な場合があります。そんな場合に、支払期日が来ない手形を利用して現金を作る方法が手形割引です。

 手形の割引というのは、手形の所持人が手形を銀行に裏書譲渡し、その日から支払期日までの金利相当分を手形金額から差引いた金額を受け取ることです。この金利相当分が割引料といわれ、年何%というように定められています。


手形割引は無条件にはできない

 手形割引の法律的性質は「手形の売買」と考えられています。ところで、手形があれば銀行はいつでも必ず割り引いてくれるかというとそうではありません。銀行は、一般の貸付と同様に、割引依頼人の信用や手形振出人の信用を調査したうえで、割引の依頼に応じるかどうか決めます。
 取引関係がある程度つづき、依頼人の信用状態も分かってくると、依頼人ごとに一定限度の割引枠を設け、その範囲内ならいつでも割り引くという制度をとる場合もあります。


割引手形の買い戻し

 手形を割り引くについては、銀行は割引依頼人との間で、銀行取引約定書による契約を必ず結んでいます。
 通常、割引を受けた手形の振出人が倒産し、手形が不渡りになった場合とか、不渡りを出さないまでも、債権者から仮差押えや差押えをうけるなど信用の悪化のきざしが見えた場合、あるいは割引依頼人自身に振出人と同じようなきざしが生じた場合は、銀行は割引依頼人に対して直ちにその手形を買い戻すよう請求できることになっています。これを割引手形の「買戻請求権」といいます。割引依頼人には、単なる依頼人として償還義務以上のものが課せられています。


手形貸付とは

手形貸付のしくみ

 金銭を貸し出すにあたり、担保として手形を差し入れる方法を手形貸付といい、担保となる手形を貸付手形と呼びます。
 いわば借金をするのに、借用書を入れる代わりに、手形を差し入れるわけで、手形割引とは違って純然たる金銭消費貸借の一種です。

 手形貸付では、借主を振出人、銀行を受取人とする約束手形を借主に振りださせ、銀行がそれを預かるという形をとります。

 手形貸付の場合の貸付金利息は、両端入(貸付実行日、返済日のいずれも利息計算日数に加える)の方法で計算され、利息差引の残額が借主の預金口座へ入金されるのが一般です。

 このような手形貸付が、証書貸付より一般的に利用されるのは

1 手形は裏書によって簡単に譲渡できる。
2 印紙税が安くてすむ。
3 満期には手形を呈示するだけで支払を請求できる。
4 借主に対する訴訟が必要となったときは、迅速で、手続が簡単な手形訴訟を利用できる。

 などの理由からです。